毎日反省 毎日成長

上手くいかないことばかり。でも今日も楽しく自分らしく。

サラリーマンであり、父であり、夫である 普通の親父が日常で得た気付きや悩みを 書き出すブログ

世界最軽量のPCに対して

世界最軽量は譲りません、使い勝手を犠牲にした商品開発はいたしません(Impress Watch) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201019-00000048-impress-sci まさに日本企業がこれまで失敗してきたのと同じ道を歩んでいるように思える。数グラムの差をユー…

嫌な時期をやり過ごす

相変わらず職場に慣れない。与えられた仕事は最低限の成果は出している。それでも、どうしても自分の居場所だと感じれない。 良い時と悪い時があるが、悪い時は息苦しさや強い疲労感を感じて職場から離れたくなる。 原因を探ったり対策を試行したりしてきた…

モデルチェンジ

最近、40才になった。 人生80年だとすると残り半分になる。 家庭生活は順調。二人の子供もすくすく育ち、妻が私を支えてくれている。 両親も元気に老後の第2ステージを謳歌している。 仕事の方は受難の時を過ごしている。人間関係も専門技術的にも馴染めず…

良い人になるのを止めた

自分が勝手に作り上げた理想像は、 ①浪人により1年遅れたことを取り戻すために誰よりも早く成果を上げて出世する。 ②回りに慕われながら回りを巻き込んで仕事を進める。 ③上司に指示されたことではなくて、自分で思い付いたアイデアを具現化して成果を上げ…

自分が勝手に作り上げた理想像

今を生きずに未来や過去ばかり意識してしまう原因は、自分が勝手に作り上げた理想像に縛られてその理想像との乖離を常に意識しているからだと思う。 自分が勝手に作り上げた理想像は、 ①浪人により1年遅れたことを取り戻すために誰よりも早く成果を上げて出…

今を生きることの難しさ

楽しくない時に今を生きることは難しい。どうしても意識が未来や過去に移ってしまう。楽しかった過去を思い出したり、楽しい未来を想像してしまう。簡単に心ここにあらずの状態になってしまう。 今に意識を戻すことは非常に難しい。それでも訓練したり注意を…

無意識に人を見下してたのかもしれない

自分の心の声を挙げてみて、自分の真相心理を探してみた。その結果、今までは上司も部下も見下していたのかもしれないと感じるようになった。正直、回りの意見を聞く気もなかったし、それで実際困ることもなかった。回りも私の言動に一目を置いてくれていた…

自分の中に潜む感情を探る

自分の苦悩を探るべく、自分の心の声を書き出してみた。 ①何で自分だけ専門外の領域に異動しなければいけないのか ②自分以外の人は大した成果も上げていないのに元々の部署でのほほんと仕事をしている ③専門外の領域でなぜプロジェクトリーダーをしなければ…

今を生きるということ

過去の自分が生き生きと働けていた姿を思い出したり、未来になったら今より楽しく働けることを願ったりすることがよくある。 何年も前の学生時代の失敗を後悔することすらある。 そうやって自分の意識が過去や未来に向いている。苦しい日々を送るなかで自分…

精神的不安定の原因を解きほぐす

ここ1年、職場になれずに仕事のパフォーマンスが悪いだけでなく精神的にも不安定な日々を送っている。 その原因を解きほぐしていくと、最終回には人間関係に落ち着く。 技術的な経験、知見不足により自信がないことで人間関係を上手く構築出来なかったり自…

人より成果が出ている安心感

自分は回りより仕事で結果を出しているという自負があった。その自負が自分に精神的ゆとりを与えてくれていた。多少失敗しても、多少雑談をしても成果が出ているから大丈夫という気持ちがあった。過去も含めた成果に対する自負があったと思う。自分が成果に…

周りと距離を置くと楽になる

最近、今の職場に帰属感を感じないことが自分のモチベーションの低さに繋がっていることに気付いた。 もちろん、職場に馴染んで帰属感を感じることに越したことはない。ただ、私の残された期間(あと半年で異動)、馴染みたいという気持ちの無さを考えると帰属…

帰属感の無さから生まれる虚無感

その組織に帰属しているという帰属感がないと、特に雑用をしている時に強烈な虚無感を感じる。自分が所属している組織のためだったら雑用も組織のため、仲間のためだと感じられる。でも、帰属感がないと正真正銘の雑用になる。仲間だと思えない人のためにや…

帰属感

ほとんどの人は何らの組織に所属している。家族だったり、会社や学校であったり。 志望校に落ちて浪人になった時、自分が学校という今まで所属していた組織に所属せずにどこにも所属していない感覚を覚えた。帰属感がないことから生まれる不安はとても大きか…

20年前の自分に問いかけたい

私は今40才になる。20年前は20才である。18才で高校を卒業して19才は浪人していた。高校時代と浪人時代は自分にとって屈辱の日々だった。 20才はその屈辱の日々から脱し、やっと自由を手に入れた時。それでも未だに夢であの頃を思い出す。明日が受験日という…

やる気がでない原因

新しい職場に配属されて4ヵ月経った。 以前としてやる気がでない、仕事に面白味を感じない。やる気が出ない原因を自分なりに考えてみた。 ①職場に仲間がいない これが最大の原因だと思う。一緒に働く人を仲間だと感じない。だから人のために働きたいと思えな…

自分の中に潜んでいる劣等感

私は大学入試で一浪している。 一浪後に晴れて志望校には入れた。 その後大学院まで進み一般的には大企業と言われる企業に入った。その企業でもそれなりに評価され、スムーズに課長まで昇格した。 でも、一浪したことの劣等感がふと自分の中に甦る。仕事やプ…

それは客観的に考えてリスクなのか?

新しい職場に慣れたと思ったら、また異動になり新しい仕事に就くことになった。しかもプロジェクトリーダーだけが所属する部署。そのプロジェクト素人の私が何故かリーダーをすることになった。まだプロジェクトは始まっていないので、勉強中。 会社や上司か…

ある日突然頭が冴える

年初から仕事と職場が変わり、新しい専門単語が頭に入ってきたり、新しい人間関係に飛び込む日々を送っていた。 その中で自分を悩ませていたのは、突然自分の頭が悪くなったこと。 ある現象を見ても思考が始まらない、ちょっとしたことを思い出せない、仕組…

口が滑る

今日、口が滑って不要なことを言って しまった。相手に伝えようと表現を詳しく した結果、出席者を卑下する表現を 発してしまった。 話した瞬間に「しまった!」と思ったが、 後の祭り。 自分なりの今日の失敗を反省して 今後の対策を考えると ・自分のこと…

瞑想の仕方 

瞑想中に気を付けていること ①無意識になることに拘らない 瞑想というのは無意識になることで 自身の意識や思考が入ってはいけない のかもしれません。 瞑想中に無意識で居続けることは 少なくとも私には無理です。 色んな思考が始まってしまいます。 あまり…

在宅勤務

働き方改革の名の元に私の会社でも 在宅勤務に力を入れている。 特に子育て世代は重宝しており 毎日定時に帰り8時以降に在宅勤務を 行う人もいる。 私はというと時間管理の対象外なので 制度関係なくPCを自宅に持って帰れば 在宅勤務ができる。 夜に家族が寝…

瞑想の仕方

ここ1週間くらい瞑想を続けている。 瞑想を行う時間は朝起きた時と夜寝る前。 朝行うと、不思議と眠気が覚める。 眠気眼で布団の上であぐらを組む。 周りに少し目を向けて目を閉じる。 夜行うと、不思議と不安がなくなる。 ソファーの上であぐらを組む。 yo…

瞑想

瞑想を始めてみました。 きっかけは仕事の失敗を週末まで引きずり リフレッシュできていないことに 嫌気がさしたから。 巷で「マインドフルネス」という言葉が 流行っていたから。 やり方は単純。 youtubeの瞑想と検索して自分に合う動画に 従うだけです。 …

足裏サロンパス

数年前の不眠症が嘘のようによく寝つきが良い。以前とは比べ物にならないほどストレスを感じているが、寝つきは悪くならない。 以前不眠症に悩んだ時に学んだ不眠症対策はもちろん実行しているが、最近始めた足裏サロンパスも効果的だと感じている。 やり方…

心理的安全性

異動後の自分は自分自身でも驚くほどパフォーマンスが悪い。そのきっかけの一つは「心理的安全性」にあると感じている。 「心理的安全性」とは、自分の言動が他者に与える影響や自分に返ってくる反応を意識することなく自分の考えや気持ちを表現できる職場の…

やる気が出ない。

これまでの自分は何に対してもポジションに取り組んできた。新しいことにチャレンジすることにワクワクしてきた。失敗によるダメージよりもチャレンジできる興奮が上回っていた。 そんなポジティブな自分は約1年前までである。今はネガティブでチャレンジが…

会社の原理に侵される前に

今日、会社でこんなことがあった。 私「前モデルは生産速度に拘りすぎて、コストやエネルギーが増大している。生産速度は少し落ちるが、コストとエネルギーは大幅に減少する方法がある。生産速度は工場の工夫で挽回できる範囲なので、コスト低減を目的に変更…

運がいい人、悪い人に

出世だけが自分の評価ではない。 でも、やはり自分や回りの出世は気になる。 私の回りに典型的なタイプの2人がいる。 一人目は、実力がなく大した実績もない。 その人の通った後にはトラブルが発生する。 それでも何故か出世が早い。 もう一人は、明らかな実…

眠りに入るルーティーン

少し前まで不眠で悩んでいたのが嘘のように 最近よく寝られる。 会社で受けるストレスは役職が 付いたこともあり明らかに増えている。 それでも良く寝られるのは 眠りに入る前の行為がルーティーン化した ことも一因だと感じる。 私の睡眠前のルーティーンは…